1グラムの思考

思ったことを文字におこしているだけのブログ

Q1 のまとめ

過去のまとめ:Q1 | Q2 | Q3 | Q4


2017 年の第一四半期があっという間に過ぎていった。本当に… あっという間だった。


1月。年始は東京を離れてひっそりと過ごした。体調を崩したのが咳喘息に悪化し、夜通し咳が止まらず眠れぬ日が続いてずいぶんとつらかったのだが、それでも精神的に落ち着くような休みであった。仕事はきっちりこなしているのだが、どうもやる気が出ない。

2月。よく知っているひとが知らない人にみえた。いつもと違う喋り方、いつもと違う環境、いつもと違う対応。想像以上にストレスで、死んでしまいたくなった。自分でもうまく言葉にすることができず、一番の親友とも呼べるそのひとを拒絶したくなった。正確には、どうすればいいのかよくわからなくなって、シャットダウンをしてしまった感じに近いのかもしれない。あれは一体なんだったのか、今でもよくわからない。そんな数日を過ごし、再度東京を離れる頃にはいつものわたし、いつもの環境に戻っていた。後半はずいぶんと楽しかった記憶がある。

3月。アメリカにて一週間を過ごした。仕事から帰ってきてひたすらゲームを遊ぶ毎日で、特別なことなど何もしていないのだが、とてもしあわせであった。穏やかな日常というものはわたしの精神を落ち着かせてくれる。帰国後は自身の仕事や今後のキャリアパスについて悩んだ。わたしはもうこのチームには長く居られないだろう。

Q1 の 1/3 ほどは東京以外の地で過ごしたようだ。よいことである。
仕事のことで悩むことが増えた。もう、わたしにできることはあまりないのかもしれない。やりたいと思っていたことはだいたいやってしまった。チームの方向性も少しずつ変わっていき、出来ることややりたいことがなくなっていった。

異動のチャンスは常にうかがっているのだが、タイミングがなかなか合わない。

2016 年中にやりたいと思っていたことが「異動」以外にもいくつかあったのだが… あまりできていない。わたしがすべてコントロールできるようなことではないので、ある程度は仕方のないことだとわかっている。わかってはいるのだが、とても気にかかってしまう。嗚呼、もう Q1 が終わってしまったのか。わたしはいつになれば…。なんてことを考えることが増えて、落ち込む回数もぐっと増えた。仕事を変えなければ。暮らしている環境を変えなければ。わたしはただ健やかに過ごしていきたいだけなのに、どうしてこうも難しいのだろうか。 

早起きがだんだん苦痛になってきた。早起きという行為自体は問題ないのだが、1日が長すぎるのだ。毎朝起きて、今日はどんなことで落ち込むだろうか、今日もまた悩むのだろうか、とこれから始まる長い長い1日に絶望感を抱くことが多い。気力がなくて、布団から出れない。

今日はとくにひどくて、早朝に目が覚めたものの夕方になるまで布団から出ることができなかった。大好きなゲームをやる気にもなれず、携帯でネットサーフィンをしているわけでもなく、ただぼうっと天井や壁を眺めて過ごした。死んだり生き返ったりを何度も繰り返すうちに珍しく昼寝をしてしまい、起きた時は低血圧なのも相まって冷たい哀しみに浸かっていた。1日の終わりに親友とすこし話す機会があって、この得体のしれぬ悩みや仕事に対する不安をぽつぽつと話した。会話を交わし、やさしさに触れるうちに心がなんだか軽くなり、夜になってようやく布団から脱出してゲームを遊んでみた。おもしろかった。

しかしまあ、Q2 が毎日こんな感じだったらわたしは頭がおかしくなってしまうかもしれない。最近は職場に行ってもやる気がなく、あまりの居心地の悪さに夕方には退社をしてしまう。どうか Q1 よりも悪化せぬよう祈るばかりだ。