読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1グラムの思考

思ったことを文字におこしているだけのブログ

哀しみの話

もともと感情移入がしやすい性格なので他者の悲しみに、他者のために、涙を流すことはあれど、今日はひさしぶりに自分のために泣いた。自分だけのために。想像以上の痛みであった。自身を憐れむわけではなく、それを「哀しい」と認識するのが非常に苦しかった。


人はどのようにして哀しみを克服すればよいのだろうか。自己開示を経て、他者に救いを求めればよいのだろうか。あるいはひとりで向き合って、昇華させればよいのだろうか。わたしにはわからない。


わたしは自分に失望をしたのだ。他者に失望した自分にひどく失望をした、ただそれだけのことなのかもしれない。


わたしは自分の立ち位置を見失ってしまったのだ。見慣れたひとはもうそこにはおらず、わたしは、どんな顔で、どのように、人間らしく振る舞えばよいのだろうか。わたしは「わたし」を放棄するのがいちばん怖いのに、なるほど、わたしは放棄を繰り返しているのだ。そう気づいて、深い哀しみに包まれた。わたしを取り戻す手立ては、今のところ残念ながらない。耐え忍ぶのみだ。自身を否定し続けることはこんなにも心が抉れるようなことだったのか。自己肯定がまるでできなかった何年も前のあの頃、生きる楽しさを見出せなかったことに、納得。