読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1グラムの思考

思ったことを文字におこしているだけのブログ

ヤれそうでヤれないの話

other

吉田貴司の漫画「やれたかも委員会」を読んだ。結論から言えば、きっとヤれなかった。どう考えてもこれはヤれない案件である。

まず、明らかに少しぼっちっぽい年下の高校生を家に招き入れ、ふたりきりの状況になったとき、倉橋由美子はきっとドキドキしたに違いない。それは緊張によるドキドキではなく、自分が主導権を握っていて、かつ自分にはオンナという武器がある、という興奮のドキドキだ。主人公・増田くんがこの状況におかれていて思うであろうことを、彼女は完全に理解している。ふたりきりになり、倉橋由美子は立ち上がってキッチンで煙草を吸い、梅酒をあける。その間増田くんはリビングで、どうすることもできずに気まずい雰囲気を漂わせながら膝を抱えて座っている。そういう気まずい雰囲気というものは、その場にいる人間なら察せるものなのだ。倉橋由美子も「緊張してる〜」と思っているのかもしれない。干し芋を持ってきて、並んで座ってたいして興味もないテレビに視線を向けながら、それとなく「彼女がいるかどうか」の話題をだす。もちろんただの雑談である可能性も拭いきれないが、いかんせんこの状況下である。さらに彼女は脚も伸ばしてみせる。増田くんの鼓動が早まり、あらぬ妄想をするのも無理ない。
年頃の男の子と部屋にふたりきりでいて、ベッドに、しかも背をこちらに向けて、横になる。テレビの音量が下がるのを感じ取り、足をすりすりさせているのは完全に狙っている。ただし、性的なハプニングを狙っているのではない。彼女が狙っているのはあくまでも「ドキドキするシチュエーション」なのだ。物理的な距離が縮まること、もしくは多少のスキンシップ程度なのである。それ以上は決して求めてはいない。なぜか?

まずひとつ、リスクが高い。友達がいつ帰ってくるのかわからない。もしかしたらグルで、彼女がわざと遅く帰ってくるよう指示しているかもしれないが、携帯をいじるシーンがないのでリアルタイム指示の可能性は低いとする。「○○分後に帰ってきて」などと事前に指示することもできるが、帰ってきたときに焦ったように身だしなみを整えてるさまを見ると、どうやら友達と合わせたわけでもないらしい。

次に、そしてこれが最大の理由なのだが、倉橋由美子のゴールはセックスではない。彼女は「あざとさ」を楽しんでいるのだ。私がこうすれば増田くんはどう思うかな?手出してくるかな?そう思いながらあざとい行為を繰り返すのだ。これは彼女にとって最高に楽しく、スリルのある行為である。悪く言ってしまえば、若い男をもやもやさせて弄ぶのが楽しいのだ。

もし本当に誘っているのなら、ミチコ女史の言うとおり、もっとうまい方法があっただろう。さりげなく彼に触れるとか、みんな帰る頃にこっそり引き止めるとか。そうしなかったのは、彼女はあくまでもあざといスリルを求めていたのであって、性行為自体ではないのだ。もし本当に増田くんが手を出してきたら、彼女は確実に「いや、ちょっと」と拒むだろう。確実に。よって、これはヤれない案件である。

以上。