読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1グラムの思考

思ったことを文字におこしているだけのブログ

2015年を振り返って

2015年ももう終わる。

あっという間の1年だった。

わたしの2015年を一言であらわすと、「清算」の年だった。

様々な変化を経て、自分の中でいろいろと消化をした。
大切な1年だったので、忘れないように、また戻ってこられるように、戒められるように、ここに記しておこうと思う。

 

まず職を変えてみた。

あまりにもつまらない仕事だった。将来性がなにも見出だせなかった。いくら働いても、いくら最善を尽くしても、どこにも進めないあたりが苦痛だった。もっと上にいきたくて上司に相談してみたら、わたしはわたしの上司と同じような仕事内容をこなしていた。このまま上にいっても何もない、何も成長などない、そう思ったらあっさりと心が離れた。

いま住んでいるところから離れたくて、遠い地の会社の面接を受けてみた。小さな小さな会社で、しかし将来性もあり、わたしが成長できるようなところだった。社長はとても尊敬できそうな人だった。この人についていきたい、と思った。社長もわたしを歓迎してくれた。

しかしわたしはとことん意志が弱い。分岐器を時折いじって進路変更をせど、結局は他人に敷かれたレールの上を走っているので、終点はいつも同じなのだ。

制圧されるがまま、遠い地に行くのは諦めた。これはまた長くなるので割愛するが、わたしの中には戦う気力などもはやほとんど残っていないのだ。

便利だけど、精神的に少々つらくなるこの地にとどまった。
前職で気にかけてもらった人に紹介され、いまの会社に入った。

いまの仕事は楽しい。日々頭を使っていると実感できる。前職のように、愛想笑いを浮かべ、他人をさりげなく避け、自分の脳内が腐っていくような感触は、ここにはない。

よい人にも知り合えた。とても大切にしたい出会いだと思えた。
この出会いは、幾分か前に犯してしまったような失敗は避けたい。一方的な憧れなど、はなから長続きしないのだ。人間関係も、ほどほどが大事だと思う。

 

職を変えるにともなって、人間関係もだいぶ清算した。
どうでもいい人があまりにも人生に多くいた。誘いにのって会ったところで、なにもうまれない関係ばかりだった。空っぽで、あとには何も残らなくて、上辺の付き合いといえばそれまでだが、生産性がなさすぎた。わたしは何も得ることがないのに、時間を費やすのが無駄に思えた。
しかしはっきりと「もう話すのはやめよう」と言えたのはたったの1人だった。
その他の人は、適当なことを言って清算した。嘘を告げた人もいた。人を真っ向から遠ざける勇気がないくせに、平気で遠ざけようとする。しかしそれもまた、わたしには必要な清算だったのだ。

 

次にパートナーとの関係に終止符を打った。

パートナーには大変お世話になったと思う。数年もともにすれば情もわくもので、なかなか踏みきれなかったがしばらく考えていたことではあった。
べつの記事にも書いたが、わたしは婚姻関係を結びたくなかったのだ。
パートナーも当初はそれは承知の上だったが、所詮人の気持ちは移ろいでゆくものだ。現状以上のものを求められ、わたしは与えることを拒んだ。
それをずるい、とパートナーは言った。自分はたくさんのことを犠牲にして、わたしのために尽くして、なのに自分の夢である「家族」というものを、なぜわたしは与えられないのかと問うた。大切ではないのか、今まで築き上げてきたものは嘘だったのか、と。

そんなはずはなかった。わたしの中では、パートナーの存在はそれなりに大きかった。ただ、パートナーをわたしの1番にはできなかった。
パートナーはわたしのことを自分の1番だと言ったが、わたしは何度問われても、何度だってパートナーを二の次だと判定した。
不憫で、未来などなく、パートナーは最終的にはそれでもいいからこの関係を続けようと提案したが、わたしにはもう無理だった。
一度崩れてしまった均衡はもう戻らない。わたしたちは、距離感を誤ったのだ。理想的で心地よいところからパートナーが一歩踏み出してきて、わたしは一歩後ずさりをした。
自分の人生を生きてくれと伝えた。もうわたしに縛られる必要はないのだと。パートナーはあまりにも多くのことを、わたしのために犠牲にした。その犠牲を無駄にするようだが、しかしまだやり直しはきく。我慢して一生をともにするより、やり直すことのほうがよほど安易なものに思えた。しかしそれはあくまでもわたしの見方であって、パートナーにとっては苦痛で仕方がない選択だったようだった。

何度か連絡はあったが、そのたびにわたしの答えは変わらなかった。
あれだけ長い間、同じ時間を共有し、もはや日常の習慣となってしまったことでさえ、わたしはあっさりと乗り越えた。

たしかにパートナーはわたしのこころの中に存在した。
しかしそのルーチンが崩れ去った途端、そのひとはいとも簡単に、過去になった。

 

わたしの理想を清算した。

わたしはどうもああなりたい、こうなりたい、という願望が強い。その理想に近づくために、わたし自身さえ知らぬ間にべつの人を演じきっていた。
しかし演じていても、それは「わたし」なのだ。たとえ偽物でも、結局は世界はわたしを「見えている部分」で判断する。中身なんてだれにもわかりえないのだから、わたしの動き、わたしの言葉、わたしの思考。たとえば、わたしが発した言葉は、そのままわたしの思考となるのだ。

思考さえも塗り替え、しかし心の中にはたしかに自我が存在する。なんとも奇妙な感覚を、2015年は強くかんじた。

やめようと思った。意味がなかった。すこし疲れてしまったのかもしれない。

それなりの月日を、理想像の具現化に費やした。思うままに文字に書き起こしてみた。おそまつな絵心で図も描いてみた。

わたしとはなにか?

まるで己の存在意義を問うような質問だが、そんな大それたものではなかった。
ただ単に、わたしはどんな人になりたいか、ただそれだけだった。

わたしは、しあわせになりたいのだ。

しあわせの定義はいろいろあるが、楽しいという感情があり、知的欲求を満たすことができれば、わたしはしあわせだと言えよう。

しあわせな人間という理想像をもとに、どうすればしあわせになれるか考えてみた。
なにかが大きく変わったわけではないが、とにかく自分に目を向けてみた。

わたしは、ひどくわたしをおろそかにしていたと思う。

今もだいぶおろそかにはしているが、きっと過去に比べればましになったと思う。
たとえば、感情を切り離して面倒事を受け流すことはやめられないが、少なくとも、わたしはほんの少しだけ、わたし自身のことを知れた。

なにがほしいのか?なにがしたいのか?

わたしは自分のことをたいそうわがままな人間かと思っていたが、上記の質問を投げかけてみれば、意外にもひとつも思いつかなかった。問うたのはしばらく前の出来事だが、いまだに思いつかない。

 

とてもよい1年だったと思う。

このまま来年も大切にしたいとも思う。

制圧に打ち勝てるのかもしれない。成長ができるかもしれない。あわよくば、ほしいものが見つかるかもしれない。

どうか2016年も実りのある年であるよう願っておこう。いや、それでは受動的すぎるのかもしれない。
わたしなりに手を加え、耕し、ゆっくり育てて実りを作ればよい。